2019年1月に滋賀県の養護学校交流スポーツ大会にて。

ボッチャが採用されました。

※プライバシー配慮のため写真ボカしています。

 

私、以前は養護学校に勤めており、一人の生徒とボッチャを始めました。

寒ーい体育館で二人でボッチャしておりました。

 

超寂しい。

 

通りがかる先生に「何やってるんですか?」と聞かれ「ボッチャです」と答え「は?」とリアクションされる。

職員室で「ボッチャマン」と影であだなされる。

冬休みは一人で校内に残りボッチャの道具作成。マスクにゴーグル、電動のこぎりにドリルを持つ様は異様の塊。

 

色んなことがありました。

 

・・・。まぁ私のおかげでボッチャが採用されたわけじゃないんですけどね。

 

嬉しいです。

もちろん観に行ってきましたよ。

交流大会に当たっては私、アドバイザーとして、関わらせていただきました。

この記事を養護学校の保護者様に読んでほしい気持ちあるのですが。

 

先生方、真剣そのもの。感動でした。

 

「より良いものにしていこう」

「楽しかったで終わる大会にしたい」

「滞りなく終われるよう運営しなければ」

 

色んな相反する事情と想いを抱えながら議論されている先生方を見てきました。

写真では伝わらない気がしますが、工夫が沢山あるんですよ。

 

養護学校交流ボッチャ大会は来年度7月にまた大会があるとのこと。

 

東京では「ボッチャ甲子園」と題して特別支援学校が参加しての大会もあります。

東京行くのはさすがにお金的に厳しいので。

滋賀県で「ボッチャ甲子園in滋賀」でもやっちゃえばいいんじゃないかな、と。

 

滋賀県ボッチャ協会では卒業してもボッチャが続けられるよう、受け皿づくりを進めて参ります。

 

現時点で参加できる団体情報をお伝えします。

 

草津市の県立福祉センターでボッチャ教室が。※金曜日の午後

会長のお店「ミットレーベン」でボッチャ可能に。

守山市手をつなぐ育成会さん&守山市障害者スポーツ協会(ユニスポ守山)で月1回のボッチャ練習会。

長浜市に「NEW BREEZE湖北」というボッチャ団体があり入部受付中。※「CILだんない」で検索してください。

滋賀県ボッチャ協会の会員での練習会が火曜日に大津市福祉会館で。

野洲市なかよし交流館で隔月開催の練習会※2019年度から始まる予定。

 

また湖南市でもボッチャをされている団体があります。

 

卒業しても続けられる。何歳でも大丈夫。※県内には80歳を越えた選手をおられます。

ボッチャオススメです。

 

詳しい情報はまたこちらでも紹介しますね。

チーム情報を知りたい方は、お問い合わせください。